NTR文芸館

寝取られ・寝取り・寝取らせなどをテーマに官能小説を書いています

TOP  > 

奪われた女たち――母は、親友と――・30

          5 情交の果て

 夏の陽射しが照りつける中、友樹は父親の墓参りに訪れた。
「ようやくだね」
「ええ、挨拶してあげて」
 目の前では龍星と千織が手をつないで並んでいる。家を出てからここまで、その手は一度も
離されることなく結ばれたままだ。
 千織は純黒のドレス姿。父が亡くなって十年経つが、ちゃんとした喪服でここを訪れるのは
葬式以来になる。
 龍星もまた、スーツを着用していた。
「旦那さんにもちゃんと話をしておかなきゃな」
 出かける前、龍星はいつもの軽いノリでそう言った。口調と裏腹に眼差しは真剣そのもので
あったが、友樹はそれをあえて無視した。
(二人にとって、今日は特別な日ってことか……)
 安いが手入れの行き届いた墓石を前に、友樹は一人立ち尽くす。
 父には悪いが、墓参りなどという心境ではなかった。目には分厚いくまが張り、頭は霞でも
かかったようにぼーっとして晴れない。
(母さん……)
 日よけの帽子に付いたベールに隠され、千織の顔をはっきり見ることはできなかった。
 だが、その視線の先に映っているのが誰なのか、友樹はもう痛いほどに理解している。
「ふう……」
 ため息がこぼれた。
(暑いな、今日も……)
 朝早くに家を出たのに、吹く風はもう真夏の熱気をはらんでいた。おぼろげに立った陽炎の
向こうで、セミが耳障りな鳴き声をこれでもかとばかりにまき散らしている。
「……」「……」「……」
 無言で墓に向き合う三人の間を、線香の香りが緩やかにすり抜けていった。


「さて、と」
 帰宅して玄関に入るなり、龍星は千織をお姫様だっこに抱え上げた。
「えっ……き、きゃっ」
 細い体型に見合わぬ龍星の力強さに、千織の口から乙女を思わせる可憐な声が漏れる。
「一度ここで抱きたかったんだよね、千織さんのこと」
[ 2017/11/13 11:47 ] 連載作品 奪われた女たち(母) | TB(-) | CM(0)

奪われた女たち――母は、親友と――・29

「ん、んぐっ……ママ、ママぁ……」
 目を閉じた龍星が、千織の乳首を一心不乱に吸い上げる。肉の柱は今にも射精しそうなほど
固く屹立していた。
「はーい。龍くん、いい子いい子しましょうねー」
 千織は龍星の上半身を左腕で支えながら、右手で優しく一物をこすり上げてやる。
「まーま、ぎゅってして。もっともっと、ぎゅーってして」
「もー。龍くんったら、しょうがないわねー。はい、ぎゅーっ、ぎゅぎゅー」
「わー、ふかふかー」
「うふふ。もう、やらしいんだから」
 乳房に顔面を押しつけて甘える龍星と、それを受け入れる自分。
 女としての自分、メスとしての自分に加えて母親としてまでも自分を求めてくれる龍星が、
千織には何とも愛おしい存在に思えた。
「ねえ、まーま」
 龍星が幼い声で千織の顔を見上げる。
「まーまのおっぱい、ほんとに出たらもっといいのになー、ざんねん」
「んー、そうねー。前はいっぱい出たんだけどねー」
 口を尖らせる龍星に、千織は友樹が赤ちゃんだった頃を思い出しながら返す。
「今日はお風呂上がってもさ、もっともーっと、ママのおっぱい吸ってたいなー」
「あら。もう、龍くんったら、ほんとに甘えんぼさんねー」
「いいでしょー? ねー、いいでしょー?」
「うーん……しょうがないわねえ。少しだけならいいわよ」
「やった。へへへっ」
 約束に安心したのか、龍星はまた目を閉じてちゅっちゅと乳首を吸い始めた。
(うふふ、かわいい)
 子供のような龍星を見つめるうちに、千織の頬も自然とほころんでいく。
(いっそのこと、本当に子供ができれば……)
 ふと、そんな考えが脳裏をよぎった。
(い、いえ、いいえ!) 
 だが、それは頭を振ってすぐに打ち消す。
 いくら自立した社会人といっても、相手は息子と同い年の若者なのだ。その辺りのことは、
年上である自分がちゃんと考えてやらないといけない。
「じゃあさ、まーまに赤ちゃんができたらさ、いっしょにおっぱい飲んでいい?」
「うふふ、そうねー。できたらねー」
 他愛もないやり取りを交わしながらの授乳プレイが、なおも続く。
(……あら?)
 さっきまでドアの向こうにあったはずの気配は、いつの間にかどこかに消え去っていた。
[ 2017/11/12 12:03 ] 連載作品 奪われた女たち(母) | TB(-) | CM(0)

奪われた女たち――母は、親友と――・28

(すごい……まだ、こんなに……)
 なおも衰えない硬さと、さらに濃くなる男の味。際限なくあふれ出すオスのエネルギーが、
千織の火照った肉体をいっそう芳潤なものへと変える。
(やっぱりわたし、もう……)
 離れられない。
 千織は半ば本能的に、そう思う。
 友樹と二人でも、わたしは十分に幸せ。
 長い間、ずっとそう考えて生きてきた。少なくとも龍星と再会するまでは、そのことに何の
疑問も抱かずにいた。
 でも、それは違ったのだ。
 龍星と過ごす日々は、息子と二人では決して味わえない悦びにあふれている。
 もちろん友樹の母であることはやめられないし、やめるつもりもない。だが、母親としての
顔だけでこのまま一生を終えていくには、自分はあまりに満たされていなかった。
 男の力で組み伏せられ、固い肉棒に貫かれるそのたびに、長く持て余してきた肉体は甘美な
陶酔を覚え、欲望を押し込めてきた精神にはとろけるような官能が渦巻いた。
 思いがけない、時にはほとんど性処理の道具みたいな扱いを受けてもなおはしたないメスの
顔でよがり喘いでしまうほどに、自分は龍星の剛直を渇望していたのだ。
「どれ」
 貪られる己の分身を口からゆっくり抜き出すと、
「……よっと」
 龍星は不意に千織を抱き上げ、バスタブのへりに腰を下ろさせた。
「な、何? どうしたの?」
 きょとんとする千織の頬にちゅっと一つキスをすると、
「まーま、おっぱい」
 龍星はまるで赤ちゃんのような仕草で千織の乳房にむしゃぶりついてくる。
「あ、あらあら。甘えんぼさんねー」
 突然のことに驚きながらも、千織は咄嗟に赤ちゃんをあやす母親を演じた。優しい手つきで
龍星を膝に乗せると、母乳を与える仕草でそっと左乳を差し出してやる。
(ど、どうしたのかしら、急に……)
 確かに最近の龍星は甘えてくることも多いが、それはあくまで普段の話だ。こうして身体を
交わらせている時に幼さを見せてきたことは一度もない。
(やっぱり、母親が恋しいのかしら……)
 龍星の生い立ちは千織も聞いている。あるいは自分との関係が安定したことで、心の飢えた
部分が剥き出しになってきたのかもしれない。
[ 2017/11/11 11:21 ] 連載作品 奪われた女たち(母) | TB(-) | CM(0)

奪われた女たち――母は、親友と――・27

(だけど……)
 もう、どうしようもなかった。
 すっかり忘れていた女としての悦びを、千織は完全に思い出してしまったのだ。
 若い男の肉体によって引きずり出された性的な衝動は、みるみるうちに加速。
 野性に満ちた龍星の肉根に自身をかき回されるたび、千織の女陰はもっと欲しいとばかりに
ひくひくうごめくしかなかった。
「ほら、友樹も見てるよ。千織さんのやらしい格好」
「や、やだっ……」
 耳元でささやく龍星を押しのけようと、千織が浮かせていた腕に力をこめる。
「おっと」
 龍星はすぐさま挿入が外れないぎりぎりの高さまで千織を持ち上げると、
「……ふんっ!」
 勢いよく下ろしてペニスを奥の奥まで突き込んでみせた。
「ああああああっ!」
 千織が濡れ髪を振り乱しながら絶叫する。電気ショックのような衝撃に、瞼の裏がちかちか
瞬くように光った。
「ふっ、ふっ、ふん、ふしゅっ」
 長短のストロークを織り混ぜながら、龍星が徹底的に膣内を蹂躙していく。
「あっ、あんっ、あぁっ、あぁんっ」
 衝き上げる快感に身を任せるように、千織は甘い媚声をとめどなく漏らし続けた。
「お、うおっ、うぉおっ、つぉおっ!」
 龍星のペニスがさらに膨張して男の滾りを膣壁に伝えると、
「あ、あぁんっ!」
 千織もそれに合わせて何度も小さく気をやる。
 経験したことのないオルガスムスの連続が、嵐のように身体を駆け抜けていった。
「だ、出すよっ、千織さんっ!」
 猛然と立ち上がった龍星が、抜いたペニスを千織の眼前に突き出す。
「くっ、くあっ……あっ……!」
 直後、どくどくっと音が聞こえてきそうな勢いで、大量の精が発射された。
「んっ!……う……んぐ……」
 目の前で弾けるようにほとばしった白濁を、千織は一滴も余すことなく、その美しい顔面で
受け止めてみせる。
「ん……龍星くんの……いっぱい……」
 口の周りについた精子を妖艶な舌使いでなめ取ると、
「ん……」
 千織は片手で睾丸をほぐしながら、まだまだ射精を繰り返せそうな龍星のペニスをぱくりと
頬張ってやった。
[ 2017/11/10 11:52 ] 連載作品 奪われた女たち(母) | TB(-) | CM(0)

奪われた女たち――母は、親友と――・26

「じゃ、じゃあ、そろそろ」
 このままでは射精してしまうとでも思ったのか、龍星が尻を引っ込め、体勢を立て直した。
 千織の身体を持ち上げると、子供を抱えるように自分の腿へとまたがらせる。
「挿れるよ、これ」
 くびれをがっちりつかむと、突き上げるように座位での挿入を始めた。
「ちょっ、待って、まだ……あっ」
 柱のような肉の塊がずずず、と千織の奥に侵入してくる。
「ん、んぐっ……」
 息ができなくなるような感覚に、声が詰まった。
 まるで、身体の中心を焼けた鉄の棒で貫かれているようだ。下腹部をみっちり埋めた異物に
押し上げられ、全ての内臓を吐き出してしまいそうな圧迫感に襲われてしまう。
「ああ……やっぱりあったかいな、千織さんの中」
 龍星が下腹部の筋肉だけでくいくいとペニスを上下させると、
「あ、あうっ……!」
 それだけで全身に甘い痺れが走った。
「かなり感じてるね、千織さん」
「や、やだ……そんな、こと……」
「何言ってるのさ、こんなにオマ○コをぐちょぐちょにしておいて」
「そ、そんな……これは、お湯よ。お風呂の、お湯……」
「またまた。風呂のお湯はこんなにぬちゃぬちゃしないで、しょっ!」
「あ、あううぅんっ!」
 撃ち抜くようなピストンを龍星に繰り出されるたび、ぬめったひだが肉棒にへばりつくのが
自分でも分かった。たくましい男根に媚びを売るような、何ともはしたない、感触。
「んっ……龍星くんの、また大きくなったわ」
「もちろん。でもまだまだ」
 自信たっぷりに言い切ると、龍星は千織の熟した秘貝をひたすら突き立ててきた。
「そら、そら、もっとだ」
「んっ! あぅんっ! んんっ! あぁあんっ!」
 肉体の芯からこみ上げるどこかこそばゆい情動に身を委ねながら、千織はとろけた牝の顔で
何度も首を横に振る。
 今、自分はどんな姿をしているのだろう。
 息子に決して見せることのできない、淫靡な女の表情をしているのか。頬を火照らせ、汗を
にじませながら、いやらしいよがり声をとめどなく吹きこぼしているのか。想像するだけで、
千織は焼けつくような羞恥に身を焦がしそうになってしまう。
[ 2017/11/09 11:56 ] 連載作品 奪われた女たち(母) | TB(-) | CM(0)

奪われた女たち――母は、親友と――・25

「ずるいよなー、友樹は。こんなに綺麗で優しい母さんがいてさ」
 わざと外に聞こえるような大声で言い放つと、龍星はチャックでもするように千織の秘所を
舌でなぞり始める。
「ん、んんっ……」
 愛液とは名ばかりの淫らな汁が、女の穴からひたひたと滴り落ちた。
「でもあいつは千織さんに手を出せない。こんな風に一緒にお風呂に入ったりも、オマ○コを
味わったりもできないんだ。もちろん……」
 そこでいったん言葉を切ると、龍星は小刻みに舌を回転させ、千織の弱いところを集中的に
責める。
「ん、んんっ……あっ、あぁっ、あぁああん!」
「こうやって、たっぷりイかせてあげることもね」
 よがる千織とガラスの向こうを交互に見比べながら、龍星は勝ち誇るように口の片端を釣り
上げてみせた。
「うっ、あぅ……うぅ……」
 肉々しい女体を揺らしながら、千織が声を震わせる。
(わたし、何てことを……友樹が、息子が見ているのに……)
 まだ続く絶頂の余韻と言い知れぬ罪悪感の狭間に、愛する息子の顔がぼんやりと浮かんだ。
「ほら、こっちも」
 千織を下がらせて中腰にさせると、龍星はゆっくり尻を浮かせた。潜望鏡のように水面から
飛び出した一物が、ちゃぷんと音を立てて勇ましく天に反り立つ。
「おっぱいで挟んでよ。たっぷりとつばを垂らす感じでよろしく」
 軽い調子で言うと、龍星はそそり立つペニスを千織の鼻先へ、インタビューマイクのように
ぬっと突きつけてきた。
「っ……」
 千織は少し躊躇したが、やがて龍星の男性自身を両手で覆うようにそっとつかむ。温もりと
呼ぶには熱すぎる体温が掌を伝って、瞬く間に脳髄へ上った。
「う、んんっ……」
 指示通りペニスを胸の谷間に挟み込むと、唾液を垂らしながら上下左右に擦ってやる。
「お、うお……そ、そう、そう。いいよ、千織さん」
 先走りの漏れる鈴口や、毒キノコのようにぱんと張ったエラが乳肉に包まれるたび、龍星は
とろけた表情で気持ちよさそうに声をあげた。
「んっ……んんっ……」
 千織が動くたびに胸の中の男根は硬度を増し、今にも破裂しそうなほど膨張していく。青筋
走った剛直から湧き立つむわっとした臭気に、欲情はさらにかきたてられていった。
[ 2017/11/08 11:48 ] 連載作品 奪われた女たち(母) | TB(-) | CM(0)