NTR文芸館

寝取られ・寝取り・寝取らせなどをテーマに官能小説を書いています

TOP  >  スポンサー広告 >  奪われた女たち  >  ある妻と娘の場合 >  奪われた女たち――ある妻と娘の場合―― 販売開始のお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奪われた女たち――ある妻と娘の場合―― 販売開始のお知らせ

奪われた女たち――ある妻と娘の場合――
奪われた女たち――ある妻と娘の場合――


多額の借金を抱えた実原雅文は、露木和鷹という男に妻の咲野子と娘の真穂を差し出して返済にあてるよう迫られていた。

高校時代、露木の同級生であった咲野子は、家族を守るために自分が二人分の返済をすると申し出る。

最初のうちは、かつて満たされなかった欲望を咲野子にぶつけていた露木だが、しだいにその毒牙は真穂にも向けられるようになり――。


42字×14行で96ページ(本文94ページ)。文章のみの作品となっております。


というわけで、三作品目です。

連載終了からまだそれほど時間は経っていませんが、年末のひと区切りということで多少手直しをしての販売に踏み切ってみました。

手軽にまとめ読みをしたいとかこの値段なら買ってもいいとかお年玉代わりだこの野郎とか、理由は何でも構いませんので、ぜひご購入いただければと思います。

では、この作品が皆さんの心と股間に響きますように。

よろしくお願いしますm(_ _)m
関連記事
[ 2016/12/30 21:06 ] 奪われた女たち ある妻と娘の場合 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。