NTR文芸館

寝取られ・寝取り・寝取らせなどをテーマに官能小説を書いています
NTR文芸館 TOP  >  連載作品  >  奪われた女たち(妻と娘) >  奪われた女たち――ある妻と娘の場合――・14

奪われた女たち――ある妻と娘の場合――・14

「ほれ、さっさと掃除。口でな」
「は、はい……」
 ずるりとペニスを抜き、横柄にあぐらをかいた露木の股間に、破瓜の鮮血と精子が混ざった
ピンク色の液体を内股に垂らした真穂がすり寄った。
「ん、ぐっ……」
 いわゆるお掃除フェラを始めてみたはいいが、いかんせん経験がゼロなため、どうにも拙い
口技しか披露することができない。
「ちっ。何だよ、そのぬるいフェラは」
 露木が不愉快そうに舌打ちをした。一度射精して地が出たのか、態度や言葉遣いがすっかり
粗暴になっている。
「それじゃ全然足りねえだろうが。ママがやってるの、興味津々で見てたくせによ」
「そ、そんな、興味なんて……」
「嘘つけ。嫌がってるふりしてちらちらちらちら、物欲しげに見てたじゃねえか。隣の部屋で
咲野子とやってる時も聞き耳立ててたんじゃねえの? 案外初日からそうだったりしてな」
 真穂を一方的に言い負かすと、露木は口の奥深く、喉の辺りにまで肉棒をねじ込んだ。
「ほら、こうやるんだよっ!」
 両手で真穂の頭をわしづかみにすると、雑巾がけでもするように激しく前後に振り始めた。
「ん、んぐっ! んんーーーっ!」
 真穂の顔が苦しそうに歪み、目にうっすらと光るものがにじむ。
「ほら、こうだ! こう、こう! そら、こうだっ!」
 露木は手を緩めるどころかますます加速させると、両耳の上で髪をつかみ、ハンドルを操作
するような動きで荒っぽい口淫を続けた。
「ほら、もう一回出すぞ! 全部飲めよ! おらおらおらおらぁっ……つあっ!」
「っ!」
 露木が射精の喜びを味わうと同時に、真穂の口内に濁った精子がどろどろと侵入する。
「ん、ぐ……んぐ……」
 真穂はこくり、こくりと喉を鳴らしながら、不快な臭気を放つ粘り汁を、余すことなく飲み
干してみせた。
「へえ。初めてなのに、本当に全部飲んじまったか。もしかしたらママ以上のスケベ女になる
素質があるかもな。これはたっぷりと仕込んでエロい肉奴隷にしてやらないと。どうせ俺には
逆らえないんだし、これから徹底的にかわいがってやるからな。覚悟しておけ」
「に、肉……ど、れい?」
 おそらく生まれて初めて耳にしたであろう語彙をおどおどと口にする真穂を見つめながら、
「というわけで、早速もう一回だ。今度はこっちに尻を向けろ」
 露木がぺろりと一つ舌なめずりをして命じる。
「は、はい……」
 早くも回復してガチガチになった露木のペニスをちらと一瞥すると、真穂は観念したように
両手両足をついて四つん這いの体勢をとった。

「おお、いいケツしてんなあ! 突き心地もいいし、アナルのひくつきもエロいし!」
「い、いやあっ! いやああぁっ!」
 隣の部屋からは、露木の乱暴な大声と真穂の悲鳴、そして肉と肉が激しくぶつかり合う音が
ごちゃ混ぜに入り乱れて聞こえてくる。
(すまない、真穂……本当に、すまない……)
 雅文は何が起きたか、そして今何が起きているかを全て理解していた。何しろ隣同士で扉は
お互い開きっぱなしなのだ。状況はほぼ筒抜けといっていい。
「……」
 横で寝ている咲野子は、やはり微動だにもしなかった。
 背中合わせで詳細は分からないが、自分と似たような感情を共有していることは間違いない
だろう。たった一人の愛娘が、悪魔のような男に犯されているのだ。母親として、心穏やかで
などいられるはずもない。
「くっ……!」
 それでも、雅文は動くことができなかった。
 全てを分かっているにもかかわらず、自分に許されたのは瞬きもせず目を血走らせながら、
起きたことをひたすら脳の中心に刻み込むことだけなのだ。
「あっ! あぁん! あん、あんっ、あぁあんっ!」
 真穂の悲鳴が、だんだんと淫らな喘ぎに変わる。
「くっ……くそ、くそっ、くそぉっ……!」
 雅文はその一言だけを繰り返しながら、現実と自分を遮断するように布団の中へ潜った。


※全文をまとめ読みしたい方はこちらから!
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

矢野 涼真

Author:矢野 涼真
Twitter:@suzumarin55

※当ブログは18禁となっております

※ご意見・ご感想はこちらから

参考同人