NTR文芸館

寝取られ・寝取り・寝取らせなどをテーマに官能小説を書いています
NTR文芸館 TOP  >  連載作品  >  奪われた女たち(妻と娘) >  奪われた女たち――ある妻と娘の場合――・1

奪われた女たち――ある妻と娘の場合――・1

          1

 手狭な2LDKのマンション。
 十畳ほどしかないリビングで、三人と一人がテーブルを挟んで向き合うように座っていた。
「そ、それは、その……」
 実原雅文(さねはらまさふみ)は、着古しのポロシャツから飛び出た人のよさそうな丸顔を
青くひきつらせながら、対面に座る男をちらちらと上目遣いに見やる。
「今日こそはしっかりとお返事をいただきますよ、実原さん。全財産を僕に譲り渡して借金の
返済にあてる。不足の三千万円分は奥さんと娘さんの労働力により支払う。こちらが提示して
いる条件は初めからずっと同じで、これからも変わることはありません」
 陰険そうな細い目を勝ち誇るように光らせて語ると、露木和鷹(つゆきかずたか)は最高級
ブランドのスーツに包まれた細身の体をゆっくり前に傾け、つまり、と続けた。
「あとはあなたの、いや、あなた方ご家族の腹一つ、ということなんです」
 見た目の印象通り冷酷な唇の片端だけを上げる微笑を浮かべて、雅文の両横に並ぶ二人の
女性をじろじろと不躾に見比べる。
「……」
「っ……」
 妻の咲野子(さやこ)はさりげなく、娘の真穂(まほ)は恐怖をあらわに、それぞれ無言で
露木から目を逸らした。
 咲野子は三十八歳になるが、凛とした美貌と背中に伸びた艶やかな黒髪、地味なブラウスと
スカートの上からでも分かるスタイルのよさは今でも男の目を惹きつける。色の白さと上等な
絹を思わせる肌のきめは、まだ二十代といっても十分通用する質の高さを保っていた。
 一方真穂は、母とは対照的に外見も性格も柔和でおっとり。こんもりと盛り上がった両胸を
筆頭にむちむちと肉感的な肢体を持っているが、若い娘らしい恥じらいが今日も彼女に身体の
ラインが目立たないゆったりサイズのワンピースを着用させている。
「……ふん」
 母娘のすげない反応に、露木は眉をぴくりと上げて一瞬不快そうな顔を見せたが、すぐ気を
取り直して雅文へと向き直った。
「で、どうなんです? 実原さん」
「い、いや、その……できれば、もう少し待っていただけないかと……仕事も首になって……
あ、いえ、でもお金の方は何とかして必ず返しますんで……何というかその、ご慈悲を……」
「ご慈悲って、バカも休み休み言ってくださいよ、実原さん」
 しどろもどろに、それでも必死に譲歩を引き出そうとする雅文を、露木は残酷な言葉で一刀
両断に斬って捨てた。
「今回の件、僕はこれ以上ないほどの慈悲をもってことに当たっています。他の人が相手なら
とっくの昔に身ぐるみはいで表に放り出しているところですよ。なのに、今回に限ってそれを
しないのは、奥様が僕の同級生で決して知らない人ではないからなんです。もっとも……」
 言い聞かせるように淡々と語ると、皮肉っぽい目つきでじろりと咲野子をねめつける。
「奥様は僕みたいな雑魚のことなんか、これっぽっちも覚えておられないようでしたが」
「……」
 咲野子は相変わらず無言で顔を横に向けたままだが、不規則に泳ぐ目線からは隠し切れない
動揺を読み取ることができた。
 咲野子と露木は、間違いなく高校の同級生である。そのことは、雅文も咲野子のアルバムを
見せてもらって確認した。
 雅文は咲野子の四歳年上で、社会人になってから付き合い始めたため、妻の学生時代はよく
知らない。しかし、皆の人気者で生徒会長も務めたという咲野子に対し、露木の方は本人曰く
「暗さと影の薄さだけが取り柄の生徒A」。互いの印象度に差が出るのは当然に思えた。
『そういえば高校の頃、誰かに見られている気がすることがよくあって、その視線が冷たいと
いうか、すごく怖い感じがしたんだけど、あの人の目つきにそれと同じものを感じて――』
 初めて露木が自宅を訪れた後、咲野子は不安そうな顔でそんな言葉を口にした。
 雅文はその時、気に病まないように慰めることしかできなかったが、妻の態度から察するに
目線の正体は眼前で不遜に笑う露木と見て間違いなさそうであった。
「やれやれ、仕方ないですね」
 露木が呆れたような口ぶりで、わざとらしくため息をつく。
「もう遅いですし、今日はこの辺にしておきましょうか。明日、また同じ時間に――」
「ま、待ってください」
 椅子から腰を上げて玄関に向かおうとする露木に、咲野子が突然声をかけた。
「その……今晩、こちらにお泊まりいただくことはできませんか?」
「……ほう?」
 露木の身体が、巻き戻しのように再び椅子へと沈む。
「明日の朝一番に、結論をお伝えします。ですからどうか、今晩はこちらで……」
 静かな口調で、しかし毅然とした意志を漂わせながら、咲野子は露木に語りかけた。
「……ふむ」
 腕組みをした露木が、尖ったあごをつるりとなでつけながら、何か思案でも巡らせるように
しげしげと咲野子を眺める。
「……ま、いいでしょう。僕も決してヒマじゃないんですが、学園のアイドルであらせられた
咲野子様の頼みとあっては、無下にお断りするわけにもいきませんから」
 嫌味なことを嫌味ったらしい口調で言うと、露木はまた唇だけを歪めてふふんと笑った。


※全文をまとめ読みしたい方はこちらから!
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

矢野 涼真

Author:矢野 涼真
Twitter:@suzumarin55

※当ブログは18禁となっております

※ご意見・ご感想はこちらから

参考同人