NTR文芸館

寝取られ・寝取り・寝取らせなどをテーマに官能小説を書いています
NTR文芸館 TOP  >  プチNTR >  プチNTR7~夢と現実のはざまで~

プチNTR7~夢と現実のはざまで~

 とある社宅の、一室。
 八畳ほどの手狭なリビングでは、二人の男が床に置かれた小さな丸テーブルを挟んでの差し
向かいで酒を酌み交わしている。
「ほら、もっと飲めよ」
 スウェット姿の見城哲志(けんじょうてつし)が、眼前の男にビール瓶を突き出した。
「う、うん」
 上着を脱いでネクタイを外したスーツ姿の樋口覚(ひぐちさとる)は、困ったような笑顔を
浮かべながら、空のグラスをおずおずと差し出す。
 瓶が傾き、すっかり温くなった黄金色の液体がこぽこぽとグラスを満たした。
「大体なあ」
 覚の顔に人差し指を突きつけながら、哲志がずけずけと語り出す。
「お前は全体に覇気がなさすぎる。行動が足りんのだ、行動が。この前の件だってそうだぞ。
〇〇商事とのプロジェクト。あれ、俺が助けてやんなかったら危なかっただろ」
 短めの髪にがっしりした身体つきで、いかにも体育会系といった雰囲気を漂わせる哲志は、
口調や声までどことなく筋肉質。
「うん。そうだね。その通りだ」
 一方の覚はといえば、線の細い優男風で、明るい暗いで分けるなら確実に後者という感じの
風貌をしていた。
「俺達も今年で入社十年目、いよいよ勝負どころなんだ。これまでは同期のよしみであれこれ
面倒見てやったけど、これ以上俺の足を引っ張るようなら本気で見限るぞ、お前のこと」
「はは、それは怖いな」
 尊大な態度で言い放つ哲志に、感情の薄い曖昧な微笑みで応じる覚。そんな二人の様子は、
まるでガキ大将とその舎弟のようにも見える。
「ちょっと、哲志」
 台所から出てきて、追加のビールをテーブルに置いたのは、見城の妻、晶葉(あきは)。
 ぴったりしたニットのセーターと細いジーンズが、滑らかな身体の曲線を優雅に際立たせて
いた。背中まで伸びる栗色混じりの髪は利発な瞳や釣り気味の眉と相性がいい。通った鼻筋や
潤いのある唇と相まって、見た目としては可愛いというより正統派美人の佇まいだ。
「もうやめなさいよ。失礼じゃない」
「何だよ、本当のことだろ。俺がいなきゃどうしようもないんだよ、こいつ」
 覚を気遣うようにちらちらと見やりながら夫の袖を引く晶葉だが、酒の力ですっかり饒舌に
なった哲志に止まる気配はない。
「いいか、樋口。物事は何だってやればできる」
「うん」
「できないのは努力と行動が足りないからだ。信念を持って恐れることなく飛び込めばいい。
そうすれば自然と道は開けるんだ」
「うん、うん」
 延々と続く哲志の説教を、覚はただ静かに笑って受け止めるばかりであった。

          *       *       *

「ぶごおぉー……ぐごおぉー……」
 リビングでは、哲志が大の字に転がっている。
「寝ちゃいましたか?」
「ええ、ぐっすり。この人、こうなったらもう何があっても起きないから……」
 哲志に毛布をかけながら、晶葉がちらりと質問の主を見やった。
「そうですか。では……」
 その目線に呼応するようにゆらりと立ち上がると、覚は音もなく晶葉に身体を寄せる。
「解禁と、いくか」
「……うん」
 二人の口調が、突然変わった。
 いや、声だけでない。
 目つきや態度から全体の雰囲気に至るまで、これまでとは全く別人のような親密さが両者の
間に醸し出される。
「ふん」
 覚が荒っぽく晶葉のあごをつかみ、唇を奪った。
「ん……」
 突然の口づけにも晶葉は動じなかった。それどころか、積極的に舌を伸ばして覚の口へねじ
込み、唾液の交換を始める。
「ふっ」
 覚が晶葉のセーターに両手を潜り込ませた。
「んっ、んんっ」
 乳房をむにむにとこね回され、晶葉の口から鼻にかかったような吐息が漏れる。
「ふんっ」
 覚の左手が、晶葉の下半身へと伸びた。
 器用にベルトを外すと、腿のあたりまでずるりとジーンズを下げる。
「ふふ」
 あらわになった白いレースのパンティーにちらりと目線を落とすと、覚は勢いづいたように
指を下着の奥へ滑り込ませた。
 薄っぺらな布一枚で隠された晶葉の秘部を、五匹の芋虫がもぞもぞといやらしく這い回る。
「ん……んっ……」
 くすぐったそうに身体をよじらせながら、晶葉が息継ぎをするように口を離した。
「よっと」
 覚はその隙を突くように晶葉のセーターを脱がせると、手慣れた動作で素早くブラを外す。
「んっ!」
 たわわに膨らんだ晶葉の乳房が、熟した果実のようにぼろんとこぼれ落ちた。
 芯が抜けることもなく、しっかりとした形を保っているそのさまは魅力十分。子供を産んで
いないせいか、乳首の形や乳輪の色合いも若い娘のそれと大差はない。
「もう、せっかちなんだから」
 さっぱりした雰囲気そのままの口調で諭す晶葉だが、その声に怒りの色はなかった。
 むしろその先を待ち焦がれているかのようにジーンズをぱっと脱ぎ捨て、パンティー一枚の
姿をいともあっさり覚の前にさらけ出してみせる。
「今日も……ここでするの?」
「ああ」
 晶葉の問いに、覚は唇の端だけを歪めて笑った。
「彼がいる時は、できるだけその傍で」 
「うわ、ひど」
 覚の言葉に、晶葉も茶化すような笑みで応じる。
「何を今さら。それに君だって……」
 言いながら片膝をつくと、覚は晶葉のパンティーを足首まで下ろし、左足だけを持ち上げて
抜いた。
「見ろ。もうこんなに濡れてる」
「だって……ずっと我慢してたし……」
 潤んだ股間をぎらついた視線で射抜かれ、晶葉は照れたような顔で目を斜に逸らした。
「ふふ」
 勝ち誇ったように小さく笑うと、覚はふくらはぎから内腿にゆっくり舌を這わせ、粘っこい
唾液で晶葉の脚をぶちゅぶちゅと汚し始めた。
「ん、んっ……」
 白く肉づきのいい太股を震わせながら、晶葉が快感を押し殺すようにぎゅっと口を結ぶ。
「それ」
 焦らすようにじわじわと攻め上がってきた覚の舌が、晶葉の女陰に食い込んだ。
「んんっ!」
 晶葉のあごが跳ねると同時に、裂け目から淫水がぷしゅっと噴き出す。
「さて、そんじゃぼちぼちいきますか」
 晶葉の愛液でひとしきり喉を潤すと、覚は腰を上げて服を脱ぎ、自分も裸になった。
「よい、しょっと」
 晶葉を押し倒すように床へ寝かせると、そのまま一連の流れでそそり立つ肉棒を濡れ穴へと
挿入する。
「んっ……うぅんっ!」
 嬌声をあげて覚を受け入れると同時に、晶葉は右足を軽く振って足首に引っ掛かった下着を
払い捨てた。
「ん、あぁ……やっぱりいいわ、あなたの。おっきくて硬くて、素敵」
 見た目に似合わぬ甘ったるい口調で晶葉がささやきかけると、
「ふふ、それはどうも。君も相変わらずいい感じだ」
 覚は口元だけ緩めてそう言葉を返し、ゆっくりと腰を動かし始める。
 突けば奥へと引きずり込み、抜けば離すまいとまとわりつく。そんな晶葉の熟れ穴を楽しむ
ように、大きく深い抽送を何度も何度も繰り返した。
「それにしても……」
 覚が無感情な目つきで、足元の哲志をちらりと見やる。
「さっきから全然動かないね、彼。ひょっとして死んでる?」
「まさか。疲れてるだけでしょ。最近残業が多かったし」
 素っ気なく言い放つと、晶葉も夫に向けて冷ややかな視線を飛ばした。
「なんか『てっぺんまでのし上がるにはこれくらい根性を見せてアピールしとかないと』とか
言ってたけど」
 哲志の口真似をしてみせる晶葉に、覚はやれやれ、と苦笑を浮かべる。
「残業なんて無能の証拠。うちの場合、やるべきことをしっかりやりさえすれば確実に定時で
終われるんだから。いくら頑張ってますアピールをしても、見てる人はちゃんと見てるよ」
「うん、そうだよね……やっぱり騙されたのかな、私」
 独り言のように呟いた晶葉が、遠い目で安っぽい社宅のくすんだ天井を見上げた。
「学生結婚だっけ?」
 晶葉の豊かな胸に顔をうずめた覚が、目線だけをちらりと向けて尋ねる。
「うん、一応はね。この人の内定が出たのと同時に結婚したから、その時点ではお互いにまだ
学生だった。この人、本当に押しだけは強いから、ついオッケーしちゃって」
「ああ。職場でも後輩捕まえてよく自慢してるよ。男は押しの一手だぞって」
 まあ誰もまともに聞いちゃいないけどね、と続けそうになるのを覚は抑えた。それは多分、
わざわざ口にするまでもない一言だった。
「学生の頃はそれがかっこよく見えた。たくましくて、将来性があるように感じたの。だけど
結婚してみたら全然違った。口ばっかりで、偉そうなだけのつまんない男」
「社会に出ると勢いだけじゃどうにもならないことの方が多いよね。圧倒的に。ただ暑苦しい
だけの人って有害なんじゃないかな。世の中的には」
 ため息混じりで嘆く晶葉に淡々と応じて、覚はさらに言葉をつなぐ。
「大体、さっき話したプロジェクトだって準備はちゃんと進んでいたんだ。上司の了解も取り
つけていたし、動き出すまでは本当にあと一歩だった。なのに、彼はいきなり首を突っ込んで
きたんだ。何にも分かっていないくせに、『もう我慢できません。とにかくこの俺にやらせて
ください!』とか意味不明の鬱陶しいこと言って」
 喋っているうちに、覚の動きがだんだん早まってきた。
「『とにかくやる』が口癖だよね、彼。会社でもそればっかりだ。で、何にも考えず無意味な
行動ばかり起こして、結局全部ぐだぐだになる。問題を指摘されても『俺はとにかく動いた。
何もしなかった奴に文句を言われる筋合いはない』って逆ギレ。は、もう笑うしかないよね」
 秘めた怒りをぶつけるように、攻撃的なピストンが続く。
「うっ、ん……ほんとそれ、毎日接しているとしみじみ感じる。勢いだけなのよね、所詮は。
普段の生活も、エッチも、全部独りよがりで」
 覚に同調しながら、晶葉は何かを諦めたような顔でそっと目を伏せた。
「だから、僕の相手を?」
 意地悪くにやりと笑いながら、覚が小声で問いかける。
「うん……最初は一回きりのつもりだったんだけど、でも、もうだめ。今はこれなしじゃ到底
我慢できない」
 夫にも久しく見せたことがないであろう淫靡な表情を浮かべると、晶葉は覚のペニスをより
奥深くまで導き入れた。
『うわっ!』
『きゃっ! ご、ごめんなさい!』
 酔い潰れた哲志が飲みかけで放置したグラスを片付けていた晶葉が手を滑らせ、覚の股間に
中身をぶちまけたのが全ての始まり。
 同じ不満の種を抱える両者が男と女の関係になるまでに、そう長い時間は必要なかった。
 秘密の逢瀬を重ねるごとに大胆に、そして淫らに変貌していく晶葉の振る舞いは、覚をより
激しく燃え上がらせ、欲情させた。
「ふふ、嬉しいこと言ってくれるね」
 覚が顔を近づけて、晶葉の唇に軽いキスをする。
「全てこの瞬間のためだと思えば彼に付き合うのも悪くないかな。彼が僕を見下してくれれば
くれるほど、こうした時に君が美味しくなる」
「そ、そう……よ。この人が鈍いお陰で、私たちは二人の時間をたっぷり楽しめるんだもん。
この前だって……」
 すっかり愛欲の波に呑まれたような蕩けた口ぶりで、晶葉が応じた。
「うん。彼は無駄な休日出勤で一生懸命働いてたな。僕らが夫婦の寝室で抱き合っているとも
知らずに……ねっ!」
「ん、んぁあっ!」
 不意にテンポを変えた覚の猛々しいひと突きに、晶葉の声が激しく乱れた。
「あっ……あぁん……す、すごいぃ……」
「ふふ」
 ぺろりと一つ舌なめずりをすると、覚は晶葉の腕を持ち上げ、綺麗に手入れされた腋に口を
押しつける。
「ん、だめっ……そこ……弱いの……」
「うん、知ってるよ。だからやってる」
 いやいやするように首を振る晶葉にそう言い放つと、覚は細かく舌を震わせ、しわをなぞる
ようにしながら腋全体をしつこくねぶり倒した。
「……よし」
 何かを心に決めたように呟くと、覚は顔を上げてごそごそと動き出す。
「よっと」
 挿入を外さないように気をつけながら晶葉の両足首をつかみ、そのしなやかな肢体を腰から
二つに折りたたんでみせた。
 晶葉の胸についた肉塊が太股に挟まれ、潰れた餅のようにむにゅんと横にはみ出る。
「や、やだ。ちょっと、何?」
 僅かに開く膝の隙間から顔をのぞかせながら、晶葉が戸惑ったような声をあげた。
「うん。今日は思いっきり種付けしちゃおうと思って」
「え? それって……もしかして……」
 語りかける覚に、晶葉が問い返す。
「ああ、産んでもらうよ。僕の子供」
「!」
 その一言に、晶葉の表情がぱっと輝いた。それは、この関係になってからずっと待ちわびて
いた、歓喜の台詞。
「いいの? あなたの子供、産んでいいの?」
「もちろん」
 朗らかな笑顔で確認する晶葉に、覚は鷹揚な口調でそれだけ返した。
「でも、大丈夫なの? 毎日会社で会うんだよ? この人と」
「ああ、それは心配ないよ。僕、そろそろ会社を辞めて独立する予定だから」
 晶葉のさらなる質問にも当然のように応じて、覚はさらに説明を加える。
「元々今の会社でスキルを学べるだけ学んだらすぐに行動を起こすつもりだったしね。色々と
タイミングもいいし、仕掛けるならここだと思う」
「そっか……ちゃんと考えてくれてたんだ」
 想像だにしなかった覚の言葉に目を丸めながらも、晶葉は嬉しそうな様子で相好を崩した。
「今後は僕の子供を君ら夫婦の子供として育ててもらうよ。彼にばれないうちはたまに遊びに
来て様子を見せてもらう。でも……」
 そこまで言ったところで、覚がにわかに晶葉へ体重をかけ始めた。肩と手でそれぞれ足首と
腕を固定すると、抑えつけるように身体の自由を奪う。
「とりあえずは今、目の前のことかな」
 ずんずんと重いピストンが上下に繰り出された。
「もうね、止まりそうにないんだ、僕」
 温和な雰囲気とは対照的に凶暴なほどのサイズとカリ首を誇る覚のペニスが、晶葉の内部を
ぐちゃぐちゃと蹂躙していく。
「ん、すごい……また、大きくなった」
 覚の剛直を膣内でたっぷりと味わいながら、晶葉が冗談めかすように笑った。
「マンガやゲームとかだとこういう時『あなたのおちんぽしゅごいい! 孕ませてええっ!』
みたいなこと言いながら白目むいて舌出したりするんでしょ?」
「……してくれるの?」
「まさか。でもその気持ち、ちょっと分かる気がする。だって本当にいいんだもん、これ」
 うっすら上気した顔で覚の質問を一蹴すると、晶葉はじりじりと腰を動かし、亀頭の当たる
位置をさらに細かく調整した。
「ん……あ、でも近いうち、彼にも一度中出しさせてあげてね。安全日を狙って。彼はどうせ
君の生理周期なんて分かりっこないだろうから、それでごまかせるはず」
 弱い部分を刺激された覚が、迫り来る射精感を紛らわすように話を変えた。
「えー?」
 不満そうに口を尖らせる晶葉を諭すように、覚がさらに言葉を足す。
「仕方ないよ。何にもしてないのに子供ができるのはさすがにまずい。今後を考えても辻褄は
ちゃんと合わせておかないと。それに……」
「ん?」
「たまには不味いものも食べておかないと、美味しいものの価値が分からなくなるよ」
「ぷっ」
 夫に当てこするような覚の物言いに、晶葉は思わず吹き出してしまった。
「そら」
 その隙を逃さず、覚が一気に腰の動きを早める。
「そろそろイくぞ! 晶葉!」
「う、うん! きて、きてぇ! 思いっきり中に出してえぇっ!」
 ――やがて。
「ふしゅっ!」
 ぴたりと動きを止めた覚がどくどく精を放つと、
「う、うぅん! うっ、ああああぁっ!」
 晶葉もそれに合わせるように身震いして、全身に押し寄せる絶頂感を存分に堪能した。
「ふぅ……」
 大量の精を吐き出した覚だが、その動きはなおも止まらない。
「よし、じゃあこのまま抜かずにもう一回。今度はうつ伏せになってね」
「……うん」
 覚に言われるがまま、晶葉は汗の艶でさらに色っぽくなった身体をそっと床に伏せた。

          *       *       *

 見城哲志は、輪郭のぼやけた我が家を幽体離脱でもしたようにふわふわと漂っている。
「ん、あっ、あぁっ、ああぁん!」
 リビングでは、晶葉が近所迷惑になるほどの大声でよがりまくっていた。
「ふ、ふっ、ふん、ふんっ!」
 うつ伏せの晶葉にのしかかり、右手で頭を、左手で乳房をわしづかみにしながらねちっこい
抽送を続けているのは、シルエットだけの影みたいな男。
(あー、これ、夢か……)
 哲志は、何とはなしにそう思った。現実にこんなことが起きたらただじゃ済まないが、今の
俺は妙に冷静。となると、やはりこれは夢の世界の出来事に違いない。
(うん。だよな)
 自身の解釈にひとしきり納得すると、哲志は改めて眼下の二人に目を向けた。
(よし、どうせ夢ならじっくり楽しんでやるとするか)
 鼻息を荒げ、ささやかな一物をぎんぎんに熱くさせながら、そこらのAVなどよりもずっと
淫らな交わりをしげしげと見つめる。
 すると、哲志の気持ちに連動するように、黒子のような男がさらに激しく腰を振り始めた。
「どうだ、ほら、どうだ!」
「う、うぅん! い、いぃ! あなたの、いいいぃぃっ!」
「そうだろうそうだろう! 何もかも全部僕の勝ちだ! ざまあみろ! はは、ははは!」
「ん、んふんっ、あ、あんっ、あぁんっ!」
 巨大な一物を猛らせながら妻を抱く他の男。
 聞いたこともない嬌声をあげ、快楽を貪ることに悦びを見出す妻。
 それは、現実では決して有り得ないはずの、光景。
(……しっかし酷い夢だな、これ。ま、すっげーエロいからいいけど)
 ぼんやりと、しかし何となく下腹部がむずむずするような気分を抱えたまま、哲志は奇妙に
リアルな夢の中を、いつまでもいつまでもさまよい続けた。



※おまけストーリー『夢と現実のはざまで ――Past――』はこちらから!
関連記事
[ 2015/04/15 16:22 ] プチNTR | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する