NTR文芸館

寝取られ・寝取り・寝取らせなどをテーマに官能小説を書いています
NTR文芸館 TOP  >  プチNTR >  プチNTR1~犯される母の、その横で~

プチNTR1~犯される母の、その横で~

 樹新(いつきあらた)がこの街に越してきて、今日で一週間になる。
 まだ十歳、小学校四年生の新にとって、この七日間はまさに激動の日々であった。
 母の恵(めぐみ)と二人、住み慣れた高級マンションを離れて安いアパートで暮らし始め、
姓も本郷から母の旧姓である樹へと変わった。
 初めての転校も経験。
 知らない学校に、初対面のクラスメート。何もかも不慣れな状況で、時間だけがばたばたと
慌ただしく過ぎていった。
 父と母の間に何があったのか、細かい事情は分からない。
 だがそれでも、二人の間に埋めようのない溝が横たわっていたことは、子供の新でも容易に
理解することができた。
(とにかく……)
 お母さんを大事にしよう。
 新は強く、そう思っている。
 頑張って勉強して早く立派な大人になろう。そうすれば母に余計な心配をかけずに済むし、
自分の力で守ってあげることだってできるはずだ。
 だがその一方で、新は恵と二人だけで過ごすこの暮らしが決して嫌ではなかった。
 立派なマンションで両親が言い争う姿を見るより、たとえ貧しいアパートでも、母と二人で
仲よく過ごす方がよほどいいと思えた。
 引っ越して以降、生活レベルはぐっと落ち、食事などもかなり質素になっていたが、そんな
ことは新にとって何の問題にもならなかった。
 優しくて綺麗な自慢の母と安らかな日々を送れる。それがただ、嬉しかった。
 そんなわけで、今日も樹家の夕食は二人だけの簡単なものとなるはずだった。
 ――なる、はずだったのだが。
 この日の食卓は、やけに豪勢だった。
「がっはっは」
 新の正面でどっかりとふんぞり返るように座っているのは、見慣れない中年の男。
 桐林卓二(きりばやしたくじ)と名乗ったその男は色黒の強面で、昔ヤクザ映画によく出て
いたアニキと呼ばれる俳優にちょっと似ていた。
「おお、おっとっと。こぼれるこぼれる」
 恵が注いだビールにおちょぼ口をのばしながら、桐林は上機嫌であった。
「あー、新くんといったか。色々大変だったがもう安心だぞ。おじさんを本当の親父と思って
くれて構わんからな。何かあったらいつでも言え。がっはっは」
 豪気にそんなことを言いながらがぶがぶビールを飲み干し、「おう、もう一杯」などと妙に
図々しい態度でおかわりを要求する。
「……はい」
 新は今にも消え入りそうな声でようやくそれだけ返事をしたが、あとは食事の間中ひたすら
黙りこくるばかりであった。
 とにかく、怖かった。
 父は理屈っぽい優男であったため、暴力の危険を感じたことはない。
 母との言い争いがエスカレートした時でも詰り方がどんどん陰湿になるだけで、手を上げた
ことは一度もなかった。
 だが、この桐林卓二という男は違う。
 何かおかしなことを言えばすぐビンタの一発も張ってきそうな威圧感が、固太りの全身から
ぷんぷん漂っていた。
「よし、じゃあ俺はこっちの茶の間で寝るってことだな」
「……」
 食事とその後の団らんを終え、桐林が家に泊まることが明らかになると、新の心中に巣食う
恐怖はますます増大の一途をたどった。


 樹家の間取りは、六畳二間。
 リビングはフローリング、寝室は和室という造りになっている。一応申し訳程度にふすまで
仕切られてはいるが、二部屋の境界線はほとんどないに等しい。
 新は和室で恵と二人、布団を並べて床についていた。
 さすがにもう一緒の布団で寝ることはないが、それでも距離は十分に近い。これも新が今の
生活を気に入っている理由の一つだった。
 だが、今日はまるで事情が違う。
「……」
 初めて味わう未知の恐怖に、眠るどころか目は冴える一方。さっきからまんじりともせず、
時計の針が進む音を聞き続けるばかりだ。
 そこに。
 隣の部屋から、ごそごそと物音が聞こえた。
「!」
 新は慌てて身を翻すと、入口側に寝ている恵に背を向け、胎児のように身体を丸くしながら
壁のシミとにらめっこを始めた。
 重い足音がのしのし響いて、床がきしみながら微かに揺れる。
 建てつけの悪いふすまが、少々耳障りな音をたててずずっと開いた。
「……ふん」
 姿を見せるなり一つ荒い鼻息を吐いたのは、言うまでもなく桐林卓二。
「さて、と」
 桐林は親子の寝室に踏み込むと、着ていた下着を脱ぎ捨てて素っ裸になった。そして素早く
恵の布団をめくると、のしかかるような体勢で上から覆いかぶさる。
「ん、んんっ!」
 突然の出来事に、色白で柔和な恵の顔がさっと強張った。
「へっへ、おとなしくしろい」
 常套句で脅かしながら、桐林が攻勢を強める。武骨な手はみるみるうちに恵の上半身を裸に
して、さらに荒っぽく下半身へ伸びた。
「あっ……やっ……新が……こ、子供が、起きちゃいます」
 恵は必死に身体をもぞつかせて、股間に迫り来る手を払いのけようとする。
 だが、それは全くの無駄な抵抗でしかなかった。
「だったらあんたは静かにしてろ。こっちはガキが寝てようが起きてようが関係ねえんだ」
 桐林はずり下ろした恵の寝間着を放り捨て、色気のない地味なパンティーに指をかける。
「んっ……やっ……いやっ……」
 骨ばったおぞましい感触から何とか逃れようと必死に力を入れる恵だが、所詮隣で眠る新に
気を遣いながらのささやかな抵抗。その程度で状況を変えることはできなかった。
「大体、いいのか?」
 桐林が恵の耳元で囁く。
「ここで俺を拒絶しちまって。先のこと、ちゃんと考えてんのか?」
「さ、先の、ことって……」
「旦那と別れた子持ちの女が越してきたばかりの街で上手くやっていけんのか? あちこちに
顔が利く俺の機嫌を損ねたら色々まずいんじゃないか? ん?」
「……」
 上から語られた桐林の言葉に、恵は澄んだ瞳を困ったように伏せて黙った。
 その通りだった。ただ引っ越してきただけのこの街に、つてやコネはない。パートくらいは
探せるだろうが、新の今後を考えるとそれだけでは心もとなかった。
「で、でも……」
 恵はためらうように身をよじった。こんな真似をして新に恥じることはないか。その迷いが
口ぶりや態度にじわりとにじむ。
 だが桐林は、恵にそれ以上考える時間を与えなかった。
「でももへったくれもないんだっての。そら、よっと」
 わざと大きな声を出しながら下着を剥ぎ取ると、さらに恵との距離を詰める。
「あ、やっ……」
 身体の間に腕を割り込ませ、どうにか桐林を押しのけようとする恵だが、猛った男の力には
到底かなうはずもない。
「ひひ」
 下卑た笑い声をあげると、桐林は獲物を貪る獣のように恵の身体へ食らいついた。
 まず顎を固定すると、すぐ水気をたっぷり含んだ唇を奪う。さらにそのまま舌を這わせて、
両頬から首筋にかけてをべろべろとまんべんなく舐め回した。
「ん、んんーっ!」
「ほ、うめーうめー」
 艶のある長い黒髪を振り乱しながら懸命に抗う恵とは対照的に、桐林は余裕の表情で眼前の
女体を堪能する。
「ほんとにガキ一人産んでんのか? すべすべの綺麗な肌しやがって。こっちも、ほれ」
 恵の双丘が織りなす深い谷間に、桐林がむんにゅりと顔を埋めた。そして、横から挟み込む
ような動きで何度も何度もふくよかな柔肉を押し上げてみせる。
「ふお、むぉっほ。服の上から見るより随分とでけーじゃねーか。たまんねーな、おい」
 嘲るように言いながら、桐林は恵のたわわな両乳をしばらくの間存分に楽しんだ。
「へへ、じゃあそろそろ入れるぞ」
 そして、我慢できないといった様子でいきり立つペニスを手に取ると、的を絞るように腰の
位置を変えながら恵の秘部へぐいと押し当てる。
「ま、待ってください。せめて、向こうで……」
「知るかよ、んなもん……ふんっ!」
 哀願するような恵の言葉にまるで耳を貸すことなく、桐林は一気に肉棒を挿入した。
「あ、うぅっ!」
 恵の声がひときわ高くなって、むっちりと肉づきのいい身体がびくんとのけ反る。
「おー、なかなかいい穴じゃねーか。最近はハズレばっかでうんざりしてたが、こりゃ久々の
上物だわ」
 下品な口調で楽しげにそんなことを言いながら、桐林がゆっくりと腰を動かし始めた。
 まずは恵の中を探るように、それからだんだん本腰を入れて。
「ん、んん……あっ」
 徐々に激しくなる桐林の抽送に、初めは必死に声を押し殺していた恵が堪え切れずに艶声を
上げ始める。
「ほら、舌出せ、舌」
「ん、ん……」
 おずおずと差し出された恵の細い舌に、桐林は容赦なく己のざらついた舌を絡みつかせた。
ぶちゅぶちゅと卑猥な音が、狭い部屋の隅々にまで響き渡る。
「うぉら」
「あっ」
 こんがりと茶色に焼けた肉塊が、白く柔らかな肢体をがっしりと押さえ込んだ。
「そら、そら、そら、そら!」
 桐林は身体全体で押し潰すような、力任せの挿入を続ける。
「あ、んっ、あ、あぁっ!」
 執拗に責め立てられるうちに、恵の声もだんだんと大きくなった。
「よっしゃ、このまま出すぞ!」
 だが桐林の発したこの一声には、恵もさすがに顔色を変える。
「え、や、いや! 中は、中はダメです!」
「大丈夫だって。一発や二発でガキなんかできやしねーよ。んなことよりほれ、足!」
 凄むように言い放つと、桐林は恵の両足を抱えて帯でも結ぶように背中へ回した。それから
ラストスパートをかけるように、さらに強い力で男の剛直を何度も突き込む。
「ひひ、ふん、ふん、ほれ、ほれ、ほぉれ!」
「や、だ、ダメ……う、あっ、あん、ああぁっ!」
 ぴったり密着した両者の動きは、嬌声にまみれながらいよいよ激しさを増した。
 そして、絶頂の瞬間。
「う、うぉっ!」
 桐林の動きが一瞬止まった。跳ねるように頭を持ち上げると、不気味なうめき声をあげて、
びくん、びくんと何度も身震いする。
「あ、あぁ……」
 そこに、恐怖と悦楽がないまぜになったような恵の声が重なった。
「ふぅ……」
 桐林は満足げな顔で一息つくと、ずるりとペニスを抜いて布団の上にどっかと座り込む。
「あー、出た出た。あんた普通の仕事するより身体売った方がいいんじゃねーか? これなら
かなりいい稼ぎになるぜ。それに旦那と別れた後の欲求不満も解消できて一石二鳥。最高じゃ
ねーか。がっはっは」
 下種の笑みを浮かべながら、品性の欠片もない調子でそんな感想を述べた。
「そ、そんな……酷い……」
 侮辱を受けた恵の目に、大粒の涙が浮かぶ。
「ふん。まあそうは言っても、当分の間は俺一人のもんだがな。こんないい身体、他の奴らに
抱かせるなんてもったいないったらありゃしねえ」
 恵の心情などお構いなしといった様子でそう言い放つと、桐林はのそりと立ち上がった。
「てなわけでもう一回だ。ほら、さっさとこっちにケツを向けろ」
「……」
 早くも回復してガチガチになった桐林のペニスをちらりと一瞥すると、恵は観念したように
両手両足をつき、四つん這いの体勢をとった。


「おっほ、後ろからもたまらんな。ぷりぷりエロいケツしやがって。そら!」
 恵の白くて丸い桃尻に、桐林が一発、平手打ちを浴びせた。
「ひいっ!」
「お、締まったぞ! これがいいのか! そら! そら! そら!」
「んっ! あっ! ああぁっ!」
 調子に乗って何発もはたきまくる桐林に、恵もまたいつもの清楚な姿からは想像もつかない
ほどの卑猥な声で応じた。
(お、お母さん……)
 肉と肉の衝突音がいつ果てるとも知れず飛び交う間、新はずっと恵と桐林に背を向けたまま
微動だにしなかった。
 もちろん眠ってなどいない。
 それどころか、今すぐ起き上がってこの醜い中年男をぶっ飛ばしてやろうと何度も思った。
 でも、できなかった。
 ――なぜ?
 桐林が怖くて身がすくんだのはもちろんあるが、決してそれだけが理由ではない。
 新は途中、気づいてしまったのだ。
「い、いい! もっと、もっとぉ!」
 悲鳴のような母の声に、時折そんな言葉が混ざっていることに。
 今その身体は快感に震え、肉欲の悦びを味わっている真っ最中なのだということに。
 もしかしたら、桐林は新が起きていることを最初から知っていたのかもしれない。その上で
完全にただのメスと化した母のいやらしい姿を息子に見せつけたのかもしれない。
「ぅ……」
 訳の分からない感情の昂ぶりが、新を襲う。
「う……ぐっ……うぐっ……」
 新は、泣いた。奥歯をぎゅっと噛み締め、嗚咽を押し殺しながら、止まることのない涙を、
さめざめと流した。
 だがその時、布団の中では。
 股間についた小さなペニスが今にもはち切れそうなほど膨張して、新自身も気づかぬうちに
初めての射精を迎えていたのであった。



※おまけストーリー『犯される母の、その横で ――Future――』はこちらから!
関連記事
[ 2014/12/03 12:07 ] プチNTR | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する