NTR文芸館

寝取られ・寝取り・寝取らせなどをテーマに官能小説を書いています
NTR文芸館 TOP  >  2015年08月

プチNTR10~ある復員兵の夏~

 昭和二十一年、八月。
 長い戦争を経てすっかり変わり果てた大地に、ぎらぎら眩しい夏の陽差しが容赦のない追い
討ちをかけていた。
「何て、こった……」
 絞り出すような声で呟きながら、石ころだらけの道をのろのろと、まとわりつく陽炎を押し
のけるように歩くのは復員兵、長浜正一(ながはましょういち)。
 上背のある骨太な身体はどうしようもないほどに痩せこけ、全身を包む軍服は見る影もなく
薄汚れている。
「っ……」
 歩を進める正一の顔が、苦痛に歪んだ。
 服の下に隠れているのは、手当ても満足になされなかった数ヶ所の怪我。
 ここ数年、状態としてはまさに不潔不衛生の極みであったため、おそらく病気の一つ二つは
当たり前に巣食っていることだろう。
 悲惨。
 今の正一の状態を表すのに、どうやらそれ以上の言葉は見つかりそうになかった。
「圭子(けいこ)……隆男(たかお)……」
 正一は無精ひげを揺らすと、かさかさに荒れた唇から呻きのような声を漏らした。
 愛する妻と息子に、生きて再び会いたい。いや、会ってみせる。
 それは正一にとってどんな戦闘よりも、どんな命令よりも大事なことであった。己に課した
使命を実現する。ただそのためだけに、正一はあらゆる苦難を乗り越えて、ようやくここまで
帰ってきたのだ。
「多分、この辺だと思うんだが……」
 正一は落ち窪んだ目を気怠そうに動かし、周囲を見回した。
 自宅が近いのは大体分かったが、何しろ辺りの景色が一変していて目印になりそうなものが
まるで見当たらない。
「あ、あれぇ?」
「え?」
 背後で不意にあがった素っ頓狂な声に、正一は反射的に振り返った。
「もしかして、正一さんじゃないかね? 長浜さんちの」
 丸い目を大きく見開いて正一に語りかけてきたのは、防災服にもんぺ姿の小柄な女性。
「あ……み、三輪さんですか?」
 相手を思い出して、正一の声も少し大きくなった。
 三輪敏江(みわとしえ)。以前ご近所だったおばさんだ。家族ぐるみとまでは言わないが、
たまに家に来た時はよく妻の圭子と賑やかなお喋りを楽しんでいた記憶がある。
「あらー、ほんとに正一さんだわー。いやー、驚いたわー。あらー、あらー」
 敏江は正一に近寄ると、本人であることを確かめるように何度もぺたぺたと頬をなでた。
「本当に本物なんだね? 幽霊なんかじゃないんだね? あんたが戦死したっていう知らせが
来ていたからさ。何だか信じられなくって……」
「せ、戦死!? 僕がですか!?」
「ああ、そうさ。戦争が終わる一ヶ月くらい前かな。どこだかの海で乗っていた船が沈んだと
いってね。軍人さんが戦死公報を持ってきていたよ」
「そ、そんな……」
 事実無根の話を淡々と説明する敏江に、正一は瞬きもできないまま言葉を失った。
 だがそれは、有り得ない間違いではなかった。
 敗色濃厚になって現地の破綻が進むうちに、国内へ伝わる情報も錯綜していったのだろう。
 さらに本土のこの壊滅ぶりを考え合わせれば、たかが一兵卒の生死くらい取り違えられても
何ら不思議はない。
「そっか、そっか。間違いだったんだね。いや、とにかく、生きててよかったよ。命あっての
物種っていうもんね。本当、仏さんにならずに帰ってこれてよかったねえ」
 敏江は気のいい笑みを満面にたたえて、正一の生還を喜ぶように何度も頷いた。
「はい。三輪さんも無事で何よりです。この辺もかなり空襲を受けたようですが……」
「あー、まあね。でも戦地に行った兵隊さんに比べりゃこんなの、どってことないさ。ね?」
 自分も決して楽ではないだろうに、それでもたくましく笑顔の花を咲かせる敏江に、正一も
元気づけられてにっこりと微笑みを返した。
「それで、その……圭子と隆男……妻と息子がどうなったか、知りませんか?」
 だが、正一が妻と子供の話を持ちかけた途端、それまで快活だった敏江の顔が急に曇る。
「え? あ、ああ、圭子ちゃんにタカ坊……ね。うん、無事さ。二人とも……無事だよ」
「そ、そうですか。無事ですか。よかった」
 気まずそうに目を逸らして答える敏江をよそに、正一はほっと胸をなで下ろした。
 さっきの敏江の言葉ではないが、命あっての物種。とにかく生きていてさえくれれば、先の
ことはどうとでもなる。
「あ、あのね、正一さん」
 言い淀んでいた敏江が、覚悟を決めたように正一の目を真っ向から見据えた。
「こんなことを言うのは酷かもしれないけど、あんた、あの二人には会わない方がいいよ」
「……え?」
 思いもよらない敏江の言葉に、正一の視線が不安そうに左右へ散る。
「せっかく無事に帰ってきたっていうのに、あんな――」
「あんな? あんなって何です?」
 正一は敏江に詰め寄って両肩をつかむと、揺さぶるように問いかけた。
「ねえ、三輪さん! 何だっていうんですか? 空襲で大怪我でもしたんですか? それとも
病気か何か――い、いや、そんなのは何だって構わないんだ。とにかく二人の居場所を知って
いるんなら教えてください! どうかお願いします!」
「う、うん……だけど……」
「お願いです、三輪さん! どうかお願いです! この通り!」
「や、やめておくれ。頭を上げておくれよ、正一さん。あたしゃ別にそんなつもりじゃ……」
「だったら!」
 結局、正一はほとんど押し問答のようにして敏江から妻子の居場所を聞き出した。
 そして激昂した非礼を丁重に詫びると、感謝の言葉を残してその場をあとにした。
「……」
 重い身体を引きずりながら、それでも勇んで歩く正一の背を、敏江は無表情に見送った。
「せめて、ちゃんとした形で会えるといいんだけど……」
 心配そうな声で呟くと、未練を断ち切るように踵を返して家路へとつく。
「戦争っていうのは……本当にむごいもんだね」
 口惜しそうに歪んだ敏江の唇から、哀しげな一言がぽつりと漏れた。

全文を読む

[ 2015/08/19 10:32 ] プチNTR | TB(-) | CM(0)

NTR替え歌・2~軍艦行進曲~


自慢の奥さん寝取られて
気づかぬ旦那のおめでたさ
勃起時サイズは8センチ
子宮に直出し夢の夢
唇噛み締め一人手淫
三倍増しでいきり立ち

隙突け情突け穴を突け
孕ませ間男大勝利
どでかい一物ぶち込めば
人妻アヘ顔ダブルピース
ホテルで風呂で寝室で
見せつけてやれその痴態

※繰り返し


[ 2015/08/01 09:33 ] NTR替え歌 | TB(-) | CM(0)