NTR文芸館

寝取られ・寝取り・寝取らせなどをテーマに官能小説を書いています

TOP  > 

50%OFFキャンペーン実施中です

ただいまDLsiteさんで50%OFFキャンペーンを実施中です(9/17、14時まで)。


奪われた女たち――母は、親友と――
奪われた女たち――母は、親友と――


「俺、千織さんと……お前の母さんと、付き合ってるんだ」
「わたしも、好き。龍星くんのこと、とっても大事に思ってる」

 大学の夏休み、実家へ帰省した笹井友樹を待ち受けていたのは、母・千織と親友・鰐渕龍星による衝撃の告白だった。
 突然の事態に混乱する友樹だが、二人の情交を目撃するにつれてだんだん奇妙な興奮を覚えるようになり――。


奪われた女たち――ある妻と娘の場合――
奪われた女たち――ある妻と娘の場合――


 多額の借金を抱えた実原雅文は、露木和鷹という男に妻の咲野子と娘の真穂を差し出して返済にあてるよう迫られていた。
 高校時代、露木の同級生であった咲野子は、家族を守るために自分が二人分の返済をすると申し出る。
 最初のうちは、かつて満たされなかった欲望を咲野子にぶつけていた露木だが、しだいにその毒牙は真穂にも向けられるようになり――。


プチNTR全集
プチNTR全集


離婚した母と二人暮らしの少年。そこに乗り込んできたのは、見知らぬ中年男だった――。(『犯される母の、その横で』)

部屋のレンタルをした大学生。カーテン越しに様子を窺った、その向こうには――。(『アパートの鍵、貸します』)

さえない少年の前に、NTRの神様を名乗る老人が現れた。神様のくれたプレゼントとは――。(『NTRの神様』)

などなど、様々なNTRを一度に味わうことができる短編集です。


愛のすきまで交わって
愛のすきまで交わって


――あの人が、借金をしていた――

 二十八歳の人妻・希恵子は、夫・和臣の借金を肩代わりするという黛に迫られ、三ヶ月間だけ身体を許すことになった。
 優しくて温和な和臣とは対照的な黛に嫌悪感を覚える希恵子だが、交わりを重ねるごとに淫らな痴態を晒していくことになり……。


よろしくお願いしますm(_ _)m
[ 2019/07/21 13:21 ] お知らせ | TB(-) | CM(0)

プチNTR14~いつまでもずっと、君のそばに~

「お別れだよ、聡美(さとみ)。僕が死んでも……君は、ずっと元気でいてね……」
 やせこけた夫が、最後の力を振り絞って妻に別れを告げる。
「いやよ、そんなの! わたしずっと周一(しゅういち)さんと一緒がいい! あなたなしの人生なんて考えられない! だから死なないで! 死なないで、周一さん!」
 涙で顔をくしゃくしゃにした妻が、すがるように夫の手を握った。
「……仙田(せんだ)周一さん。十二時三十四分、ご臨終です」
 傍らで黙々と自分の仕事を続けていた医師が、事務的な口調で最後の務めを果たす。
「わたし、周一さんのこと絶対忘れないから! ずっと、いつまでもずっと、あなたと一緒にいるから! うわあああああん!」
 永遠の愛を叫びながら、妻はいつまでもベッドの上で泣き崩れていた。

全文を読む

[ 2019/05/13 09:38 ] プチNTR | TB(-) | CM(0)

NTRジョーク・11

 新発明

 アメリカのある大学病院の産婦人科医が、新しい機械を発明した。それは出産時の母親の痛みを父親に分けることができるという画期的な最新マシンだった。つまり、出産時の痛みを一〇〇%とすると、そのツマミの調節によって例えば三〇%を父親が肩代わりできるというようなことが可能になるのだった。医者はこれから出産に臨む夫婦に言った。
「それではまず父親側の負担を一〇%、母親側の負担を九〇%でやってみましょう」
 医者は正直なところ、これでも父親が耐えられるかどうか不安だった。しかし、父親はなんともないようだった。
「では父親側の負担を三〇%に上げようと思います」
 医者はツマミを回した。しかし、父親はまったく平気のようだった。
 医者は続いて五〇%で試してみた。しかし、やはり父親は大丈夫だった。
 結局、最後には一〇〇%父親側の負担にしてみたが、それでも父親が痛みを訴えることはなかった。おかげで母親はまったくの無痛で出産することができたのである。夫婦は大変喜んで医者に何度もお礼を言った。
 数日後、その母親が退院して自宅へ帰ると、隣の家では葬式が行われていた。聞けば、先日、そこの旦那が突然烈しい腹痛を訴え、謎の悶絶死を遂げたのだという。


              ――『世界反米ジョーク集』(早坂隆)より――
[ 2018/11/05 10:07 ] NTRジョーク | TB(-) | CM(0)

NTR風画像・8




彼女と間男がいちゃついてる現場に変装(?)した彼氏が登場、という展開でしょうか。

彼氏の呆然とした感じがよく伝わってくる、味わい深い一枚ですね(笑)。

[ 2018/10/01 09:16 ] NTR風画像 | TB(-) | CM(0)

ありがとうございました

「愛のすきまで交わって」、無事に掲載終了いたしました。

販売開始からだいぶ経ったのでそろそろいいかと思ったのですが、過去作をそのまま載せるのはちょっと恥ずかしいものがありますね。読んだそばから書き直しの誘惑にかられて、抑え込むのが大変でした(苦笑)。やはり、常に新作を出し続けること。これが大事です。

というわけで新作なのですが、これがまたなかなか思うように進んでくれません(泣)。できるだけ早く仕上げて発表したいのはやまやまなんですが、例によって「アイデアだけはいっぱい」状態なのでもう少し時間がかかりそうです。申し訳ありませんが、どうか気長にお待ちいただければと思います。

では、今後もNTR文芸館をよろしくお願いいたしますm(_ _)m
[ 2018/03/07 11:50 ] お知らせ | TB(-) | CM(0)

愛のすきまで交わって(再)

愛のすきまで交わって
愛のすきまで交わって



――あの人が、借金をしていた――

二十八歳の人妻・希恵子は、夫・和臣の借金を肩代わりするという黛に迫られ、三ヶ月間だけ身体を許すことになった。

優しくて温和な和臣とは対照的な黛に嫌悪感を覚える希恵子だが、交わりを重ねるごとに淫らな痴態を晒していくことになり……。


42字×14行で256ページ(本文254ページ)となっております。

全文を読む

[ 2018/03/06 11:27 ] 長編NTR 愛のすきまで交わって | TB(-) | CM(0)